アドリブ

ロックギターを楽しく学ぶ!

アドリブの知識

スポンサードリンク
 

アドリブについて


ギター ロックギターを楽しく学ぶ!では、管理人「火星人」が知っている アドリブについての知識やテクニックを公開しています。
 コレからアドリブを始める!やってみたい!という方は是非ご覧下さい★
 (このサイトはそういう方に特に見てほしいと思って作りました。)
スポンサードリンク
・プロフィール
 
・相互リンク(募集中)です★
リンク先はTOPページに設定してくださるよう、お願い致します。
なお、アダルト、ギャンブル、お小遣い系サイトとの
相互リンクはできませんのでその旨は、ご了承願います。


相互リンクを希望されるサイト様は、
リンク予定先のURLと管理人様のお名前を添えて(ハンドルネーム可)こちらまでご連絡下さい。

・リンク集
 ・ロックギターを楽しく学ぶ★TOP
コンテンツ一覧 アドリブはどうやるのか?
スポンサードリンク
 
アドリブでソロを弾けるようになるには、
 
まず、その曲のコード進行を知る必要があります。
 
アドリブでソロを弾く場合は
キーだけ合わせて、あとはカンに任せる。
という人が多いです。
 
それでも多少はソロする事は可能ですが 
しかし、それだとちょっとややこしいコードがでてきた時に
いきなり音がズレたり、不協和音になったりして
お手上げになってしまうんです。
 
 
たとえば、コード進行が
 
(全てパワーコード)
A→C→D→A
 
であった場合、何のスケールで弾いたらいいでしょう?
 
 
Aメジャースケール?いえ、違います。
 
Aメジャースケールで弾いた場合、途中のコード「C」で
音がズレます。
 
Aメジャースケールのダイアトニックコードの中に、
コード「C」が無いからです。
 
ではAマイナースケール? これも違います。
 
Aマイナースケールで弾けば、
「C」では音が合いますが、
それ以外のコード「A」「D」で音がズレます。
 
ここで出てくるCコードは、ロックやブルースならではのもので
key=Aのダイアトニックコードの中には含まれていません。
 
 
 
ここでは、
Aマイナーペンタトニックスケール
を使いましょう。
ペンタトニックスケールは半音音程が抜けていますから
 
(全てパワーコード)
A→C→D→A
 
のようなコード進行でもペンタ一発で弾く事ができます。
 
さらに、経過音(長く伸ばさないで経過する音)として
 
♭5thの音も加えると一層ソロっぽくなります。
(ちなみに♭5th、m3rd、m7thの音をブルーノートといいます。)
 
 
 
アドリブできるようになる最初のステップは、まず
「コード進行」を見極め、それに見合ったスケールを探す事です。
 
頑張ってくださいね!
 
<--->

ロックギター基礎編
 
・必要な物を揃えよう
・チューニングをしよう(弦を巻こう)
・コードを憶えよう
・音符の読み方・楽譜の読み方
・実際に弾いてみよう
・正しいトレーニングの仕方
 
 
ロックギター基礎知識編
・メジャースケールとマイナースケール
・ダイアトニックコード
 
・ペンタトニックスケール
・モードスケール
 
ロックギター知識編
・楽譜は完璧じゃない
・コードのあれこれ(初心者に一押し)
・メジャースケール・マイナースケールの関係
・シールドの巻き方
・チューナーなくてもチューニングする方法
 
実践編
・アドリブはどうやるのか
・難しい奏法の憶え方
・プロを目指すなら
 
・ギター用語集

使える小ネタ
・MP3プレイヤーをタダで

Copyright (C) ロックギターを楽しく学ぶ All Rights Reserved