スケール

ロックギターを楽しく学ぶ!

スケールの講座

スポンサードリンク
 

スケールを知ろう


ギター ロックギターを楽しく学ぶ!では、管理人「火星人」が知っている スケールについての知識やテクニックを公開しています。
 コレからスケールを覚えてみたい!という方は是非ご覧下さい★
 (このサイトはそういう方に特に見てほしいと思って作りました。)
スポンサードリンク
・プロフィール
 
・相互リンク(募集中)です★
リンク先はTOPページに設定してくださるよう、お願い致します。
なお、アダルト、ギャンブル、お小遣い系サイトとの
相互リンクはできませんのでその旨は、ご了承願います。


相互リンクを希望されるサイト様は、
リンク予定先のURLと管理人様のお名前を添えて(ハンドルネーム可)こちらまでご連絡下さい。

・リンク集
 ・ロックギターを楽しく学ぶ★TOP
コンテンツ一覧 メジャースケールとマイナースケール
スポンサードリンク

楽曲を弾く、作る上でどうしてもはずせない所があります。
それが「スケール」というものです。

スケールって何?っていうかたもいると思いますので説明します。

スケール・・・ある音から一定の法則で配置される音列の事



次の音までの音程が決められており、その通りに配置すればどの音からでも同じスケールを作ることができます。

下で簡単に説明します。


これはいわゆる「ドレミファソラシド」なんですが、
スケールとして言うと、ド(英語表記でC)から始まる

Cメジャースケール

ということになります。

「ミ(E)」と「ファ(F)」の間
「シ(B)」と「上のド(C)」に注目。

この部分は音の間隔が半音1つ分になっています。
それ以外は半音二つ分(全音1つ分)となっています。


音程を最初からいうと「全全半全全全半」になります

もし家にピアノがあるならば、確認してみてください★



では、ド(C)から始まるのではなくてレ(D)から始まる
Dメジャースケールを作りたいときはどうするのか?

簡単です。

レ(D)から、音の間隔「全全半全全全半」をつくればいいのです。

そうなると、

レ  ミ  ファ♯ ソ  ラ  シ  ド♯ レ
D  E  F♯  G  A  B  C♯ D

となります。

マイナーキーについて

メジャースケールのほかにマイナースケールというものがあります。
こちらは俗に言う「暗い感じ」のするスケールです。
メジャーキーと比較して
3番目、6番目、7番目の音が半音さがっています。
音程で言うと「全半全全半全全」となります。




なお「スケール」は「key」と深い関わりがあります。
おなじ「key」ならばおなじ「スケールが使えます。

Dメジャーキーならば、Dメジャースケール
Cマイナーキーならば、Cマイナースケール

が使えるわけです。



CメジャーキーでCメジャースケールを使えば、
音程が同じなのでズレた感じがしません。



ギターでこの「スケール」を自由に弾くことができるようになれば、
ソロを弾く事も簡単なのです。


ここでギターで弾く上でのスケール表を用意しました。

こちら(Cメジャースケール)

P1とかM2とかいう記号はルート音(主音)から数えた音番号です。

P1=完全1度(ルート音)
M2=長2度
M3=長3度 (m3だったら短3度)
P4=完全4度

こんな感じです。


・「key」を簡単に読み取る方法

まず、曲が「暗い感じ」なのか「明るい感じ」なのかを把握してください。
「明るい感じ」だったらメジャーキー、「暗い感じ」ならマイナーキーです。


いざ、楽譜をみて「key」は何だ!?って言われても
最初は分かる訳ありませんよね?

大丈夫です。実は簡単に読み取る方法があるのです。

調号として使われている
♯(シャープ)や♭(フラット)の数を数えるのです。


シャープの場合の暗記表
「ファドソレラミシ」・・・まずこれを覚えてください。

フラットの場合の暗記表
「シミラレソドファ」・・・まずこれを覚えてください。

・曲がメジャーキーだった場合

調号がシャープの場合、
たとえばシャープが2コ調号としてついていたとしたら・・・

ファソレラミシ・・・2個目にくるドに注目。

この音にたいして全音分あげた音が「key」になります。



今回の場合は、シャープが2つで暗記表の「ド」に対して全音分上げる訳ですから、音は「レ(D)」になります。

したがって、「key」はDメジャーキーになります。

シャープが3コ調号としてついていた場合

ファドレラミシ


シャープが3つで暗記表の「ソ」に対して全音分上げる訳ですから、音は「ラ(A)」になります。

したがって、「key」はAメジャーキーになります。

OKですか〜?

フラットの場合

フラットの場合はかんたんです。

暗記表を見てください。
フラットの数の一個前の音が「key]になります。
わかりやすく、例にあげてみましょう。

たとえばフラットが5個の場合

シミラレドファ

「ソ」にきましたね?
フラットの数の一個前の音が「key]になる訳ですから、「ソ」の前の
音、「レ」の音が「key」になります。Dメジャーキーです。

注・・・フラットが1個の場合は繰り上がって「ファ」が「key」になります。

これで「メジャーキー」に関してはバッチリと言えます。

・曲が「マイナーキー」だった場合


では、メジャーキーではなかった場合はどうすればいいのか?

これも簡単です。楽譜を見て、メジャーキーだった場合の音を探し出して
その音から、半音3つ下げた音が「key」になります。

たとえばシャープが3つついていた場合は、
メジャーキーだった場合はAメジャーですよね?

で、曲がマイナーキーだった場合はそこから半音3つ分さげます。

Aから半音3つさげると・・・・F♯になります。

したがって、この場合はF♯マイナーキーになります。


これで、マイナーキーも読めるようになります★


メジャースケール・マイナースケールの関係
も重要な事が書かれていますので
是非ご覧ください★
 
 

<--->  

ロックギター基礎編
 
・必要な物を揃えよう
・チューニングをしよう(弦を巻こう)
・コードを憶えよう
・音符の読み方・楽譜の読み方
・実際に弾いてみよう
・正しいトレーニングの仕方
 
 
ロックギター基礎知識編
・メジャースケールとマイナースケール
・ダイアトニックコード
 
・ペンタトニックスケール
・モードスケール
 
ロックギター知識編
・楽譜は完璧じゃない
・コードのあれこれ(初心者に一押し)
・メジャースケール・マイナースケールの関係
・シールドの巻き方
・チューナーなくてもチューニングする方法
 
実践編
・アドリブはどうやるのか
・難しい奏法の憶え方
・プロを目指すなら
 
・ギター用語集

使える小ネタ
・MP3プレイヤーをタダで

Copyright (C) ロックギターを楽しく学ぶ All Rights Reserved