トレーニング

ロックギターを楽しく学ぶ!

トレーニングの講座

スポンサードリンク
 

弾いてみよう


こちらのサイトでは、管理人「火星人」が知っている ギタートレーニングについての知識やテクニックを公開しています。
 コレからトレーニングを始める!やってみたい!という方は是非ご覧下さい★
 (このサイトはそういう方に特に見てほしいと思って作りました。)
スポンサードリンク
・プロフィール
 
・相互リンク(募集中)です★
リンク先はTOPページに設定してくださるよう、お願い致します。
なお、アダルト、ギャンブル、お小遣い系サイトとの
相互リンクはできませんのでその旨は、ご了承願います。


相互リンクを希望されるサイト様は、
リンク予定先のURLと管理人様のお名前を添えて(ハンドルネーム可)こちらまでご連絡下さい。

・リンク集
 ・ロックギターを楽しく学ぶ★TOP
コンテンツ一覧 正しいトレーニングの仕方
スポンサードリンク
 
しばらくしてギターが弾けるようになってくると、
ここらへんで頭を悩ませる人が出てきます。
 
・早すぎるテンポに指がついていけない
・リズム感がない
・音にばらつきがあってキレイに聞こえない

 
こういった症状が出てくると思います。
ですが、これらを良い方向に直すにはそれなりのトレーニングが必要となります。
ただ、トレーニングの方法を誤ると
いつまでたっても上手くいかなかったりします・・・・・・
 
や〜めた!ってなる事もあります(笑)
 
ただ、ここではそうならない為に効率のいいトレーニング方法を
教えます。これは僕が専門学校で尊敬する先生に教えてもらった方法でもあります。
 
用意するもの
・ギターとピック
・メトロノーム
 
 


↑(6弦で書いたつもりが7弦になっちゃった・・・><6弦としてみてくださいw)
 
 
♪=90からはじめてください。
かならず、オルタネイトピッキングでやってください。
指板12フレットまでいったら、
こんどは12フレットから1フレットにむかって行ってください。
 
♪=90で出来るようになったら次は100、110、120・・・・
とテンポをあげていきましょう。
♪=250で出来るようになれば、もうかなりピッキングに関してはバッチリになります。
 
そしたら今度は8分音符から16分音符に変えて実行してください。
16分音符で♪=200で出来たら、もうあなたは十分速弾きマスター
です^^
 
なお、僕の中で速弾きの師匠として
 
速いけどキレイな
マイケルロメオ(Symphony X)
 
とにかく速さを求める
 
イングヴェイJマルムスティーン(Yngwie J. Malmsteen )
ポールギルバート(Paul Gilbert)
 
という方々がいます。
興味があったら是非CDを買って聞いてみてください。スコイですよw
 
 
シンフォニーXに関しては、
ホームページで無料でmp3がダウンロードできます。
調べてみてくださいね★
 
 

<--->

ロックギター基礎編
 
・必要な物を揃えよう
・チューニングをしよう(弦を巻こう)
・コードを憶えよう
・音符の読み方・楽譜の読み方
・実際に弾いてみよう
・正しいトレーニングの仕方
 
 
ロックギター基礎知識編
・メジャースケールとマイナースケール
・ダイアトニックコード
 
・ペンタトニックスケール
・モードスケール
 
ロックギター知識編
・楽譜は完璧じゃない
・コードのあれこれ(初心者に一押し)
・メジャースケール・マイナースケールの関係
・シールドの巻き方
・チューナーなくてもチューニングする方法
 
実践編
・アドリブはどうやるのか
・難しい奏法の憶え方
・プロを目指すなら
 
・ギター用語集

使える小ネタ
・MP3プレイヤーをタダで

Copyright (C) ロックギターを楽しく学ぶ All Rights Reserved